ニキビ跡にビタミンCの欠点を克服したビタミンC誘導体

ガイムさんによる写真ACからの写真

肌に対するビタミンCの効果とは

ビタミンC(アスコルビン酸)は、栄養素の中でも有名で、

みかん、オレンジ、レモン、キウイフルーツ、イチゴ、柿などの果物やジャガイモ、カリフラワーなどの野菜に多く含まれています。

肌に対して多くの美容効果があり10に渡る効果があります。※摂取、使用の際には、個人差はあります。

肌に対するビタミンC10の効果

  1. ニキビの炎症を抑える
  2. ニキビ跡の赤みを薄くする
  3. 皮脂を抑える
  4. 色素沈着をしにくくする
  5. 毛穴の引き締め
  6. 血行改善
  7. 抗酸化作用
  8. 活性酸素を防ぐ
  9. 肌の新陳代謝を整える
  10. コラーゲンの生成を助ける

なんと、こんなに効果あります。

ニキビに対しても

〇ニキビの炎症を抑える
〇ニキビ跡の赤みを薄くする

の2つ効果があり積極的にビタミンをニキビを治すために使用してみたいところです。

ただ、ビタミンCは優れている反面、多くの欠点があります。

ビタミンCの欠点

人間はビタミンCを体内で作ることができないため、果物や野菜を食べることで取らなければいけません。しかし、ビタミンCは壊れやすいことや尿として排出されやすいので、野菜・果物から取ろうとすると1日に必要な量の3倍は必要だと言われています。
また、体内で吸収されたビタミンCは脳や臓器で使用され肌までは行き渡りにくく塗るのが一番効果的です。

でも、肌に直接塗るにしても、このような5つの欠点があります。

  1. そのままでは刺激が強い
  2. 安定しない
  3. 空気に触れるだけで酸化してしまう
  4. 水に溶けると効果がなくる
  5. ビタミンC自体が肌に吸収されにくい

この欠点を克服したのがビタミンC誘導体となります。

せっかく数多くの美肌効果があってもこれでは使い物になりません。

そこで考えられたのがビタミンC誘導体というものになります。

ビタミンC誘導体とは

この欠点を無くしていかにして肌にこのビタミンCを届けて、美容効果を得ることができないかと考えて、ビタミンCの欠点を克服したのがビタミンC誘導体になります。

そして、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを構造を変えることで、角質層に浸透して肌に吸収されやすくしたものです。ビタミンC誘導体にすることで、ビタミンCの効果を余すことなく肌へ届けることができます。

 ビタミンC誘導体VC200配合で話題のVCスターターセット